ビットコイン払いできるデビットカード

日本でも注目を浴びている、ビットコインを始めとする仮想通貨。

TVやCMを見て、仮想通貨への投資を決めた人も多いはず。

 

その仮想通貨、日本ではまだまだ正しい認知が進んでいない状況ですし、

 

「使えるお店はほとんどない」

「お金儲けの手段になっているだけ」

 

……などと言われることも少なくありません。

仮想通貨に関する誤解

しかし、あなたが買ってみたビットコインなどの仮想通貨、実は

 

  • 隣のコンビニ
  • よく行くレストラン
  • 家電量販店
  • Amazonなどネットショッピング
  • おしゃれなBAR
  • 電車の定期券

 

……などなど、どこでもカード決済で使うことが可能なのです。

 

ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨はまさしく”通貨”であり、実際のお店で使って初めて価値が出るもの。

 

実際、「円に替えず、そのままお店で仮想通貨払いがしたい!」と考えている人も少なくありません。

 

今回は、「近くのお店で、仮想通貨カード決済する」ための、唯一でカンタンな手段であるTenX(テンエックス)カードについて詳しく解説していきます。

 

TenXカードは、どこでも仮想通貨で決済できるデビットカードです。

仮想通貨決済を可能にするデビットカード

TenXカードを一枚持つだけで、日常での支払いをビットコインなどの仮想通貨で決済することができるようになります。

AmazonなどのネットショッピングもOK.

一円も持っていなくても、仮想通貨があればTenXカードで買い物できます。

 

必要な手順は、通常のデビットカードやクレジットカードと変わりません。レジにてTenXカードを提示してください。

 

TenXカードの使い方

 

店舗や金額によっては4ケタの番号やサインを求められることもありますし、通常のカード決済と何ら変わることなく利用できます。

 

実際に利用しているシーンを、以下のビデオでご覧ください。

 

通常のカード払いにしか見えませんが、法定通貨(円やドル、ユーロなど)は利用せずに仮想通貨で支払っています。

 

店員さんも、あなたが「仮想通貨で支払っている」ことに気づくことはないでしょう。

 

このように、保有しているビットコインなどの仮想通貨を、円と何ら変わらずに利用できるように設計されているのが、仮想通貨デビットカードであるTenXカードです。

 

仮想通貨は今後ますます社会に浸透していくと思われますが、「ビットコイン決済を導入する」と表明するのはまだまだ一部の企業のみ。

 

しかしTenXカードを使えば、デビットカード決済に対応している全ての企業と店舗でビットコイン決済(仮想通貨決済)が可能になるわけです。(2017年現在、対応ブランドはVISAのみ)

 

決済システムにVISAの決済ネットワークを活用しており、TenXカードがあれば世界200ヵ国以上の国や地域、およそ3600万のVISA加盟店で仮想通貨払いができます。

 

TenXカードはVISA payWaveにも対応しているため、対応店舗ではカードをかざすのみ、一瞬で仮想通貨決済を完了させることができます。

 

仮想通貨払いをラクにしてくれる、TenXウォレットの仕組みとメリット

使いやすいTenXウォレットアプリ

 

あなたのビットコインなどの仮想通貨資産は、TenXウォレットアプリで一律に管理できます。

 

TenXウォレットアプリでカンタンに仮想通貨管理

通常のデビットカードの場合、カードはあなたの銀行口座と紐付けられています。

そして決済の瞬間に、登録の銀行口座からお金が引き落とされるシステムです。

 

一方、TenXカードに紐づいているのは、仮想通貨の銀行口座、TenXウォレットです。

CoincheckやbitFlyer、海外のBittrexなどの取引所ウォレットからはもちろん、MyEtherWalletなどの個人ウォレットからもTenXウォレットに送金できます。

 

特別な手続きなどは必要なく、スマホのアプリをインストールするだけで利用開始できます。(TenXカードの申請も、アプリからすぐに完了します)

 

TenXウォレットの図解

取引所などからTenXウォレットへ送った仮想通貨は、TenXウォレットアプリから気軽に残高確認できます。

 

もちろん、TenXウォレットから他の取引所へ送金するのもカンタン。面倒な手続きは一切なく、24時間のアクションに対応できるのが魅力です。

 

もしTenXカードを紛失しても、慌ててTenX社に連絡する必要はありません。すぐにアプリでカードをロックすることができます。

カードにTenXウォレットが紐づくことで、自在に資産管理ができるようになっています。

 

様々な仮想通貨の決済に対応するTenXウォレット

TenXウォレットにより、ビットコンだけでなく、イーサリアムを始めとした様々なアルトコイン(オルトコイン)を決済に活用することができます。

 

現段階で利用可能な仮想通貨は、

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ダッシュ(DASH)
  • オーガー(REP)

……など。今後、利用可能通貨は拡大予定です。

 

「今はビットコインを使いたい」

「この買い物ではイーサリアムを使いたい」

 

など、決済に使う仮想通貨をいつでもTenXウォレットで指定・変更することができます。ウォレットアプリを開き、使いたい通貨をワンタップで変えるだけ。

 

TenXカードは、あらかじめ法定通貨に替えておく必要がない

これまでにも日本では既に、仮想通貨でデビットカード払い可能なサービスが開始されていました。

 

しかしこれらは全て、あらかじめ仮想通貨を法定通貨(円やドル)に両替した上でカードにチャージする、プリペイド式カード。

カードを持ち歩く時点ですでにビットコインを円に両替済みですので、厳密に言えば「プリペイドカード」でした。

 

一方のTenXカードは、レジでの決済の瞬間に、仮想通貨を法定通貨に両替するシステム。

事前の操作は一切求められず、仮想通貨のまま、レジにカードを持っていくことができます。

TenXカードと他カードとの違い

従来の仮想通貨デビットカードはプリペイド式カードであるため、

「5万円ほど使いたいから、余裕を持って6万円を両替してチャージしておこう」

などの考慮をしつつ、前もって円やドルへ両替してチャージしなければなりませんでした。

足りなければもう一度両替とチャージが必要で、逆に余った分をもう一度仮想通貨に戻すには手間がかかってしまいます。

 

TenXカードなら、円やドルへの両替は決済の瞬間のみ、そしてTenXウォレットが自動で行います。

通常のデビットカード同様、求められる操作がなく、なおかつ最低限の両替で済むためストレスフリーで仮想通貨を使うことができます。

 

自動でベストレート両替するTenXカード

TenXカードとTenXウォレットは、レジでの決済の瞬間に、仮想通貨を円やドルに自動両替してくれます。

 

その際の為替レートは、TenXウォレットが複数の取引所を比較し、最もユーザーに有利なレートを採用します。

 

TenXカードはベストレートを採用

 

決済の際、日々移り変わる仮想通貨の価格に気を揉むことはありません。

 

日本でも海外でも、手数料はゼロ。

通常、例えば日本企業発行のカードの場合は、国外通貨(ドルなど)へ両替する際、両替手数料がかかることが少なくありません。

 

逆に、海外企業発行のカードの場合、円へ両替する際に手数料がかかることが通常です。

 

TenXはシンガポールを拠点におく企業ですが、カード利用時に海外はもちろん、日本での利用にも手数料が一切かかりません。

 

世界中のどこでも、どの通貨でも、両替手数料ゼロで仮想通貨を利用できます。

 

海外ATMから、為替手数料なしで現地通貨が引き出せる

特に海外旅行時には、クレジットカードやデビットカードよりも、TenXカードが圧倒的に経済的で、最もスマートな選択肢です。

 

通常、海外ATMで現地通貨を出金する際、数%の為替手数料がかかってしまいます。

 

しかし仮想通貨は国境を越えた存在であるため、ビットコインを円に変えるのもドルに変えるのも、ユーロに変えるのも差がありません。

 

TenXカードがあれば、世界各国どこにいても、ATMで仮想通貨から現地通貨へ為替手数料なしで出金できます。(ATM手数料が約3ドルかかります。)

 

以下のビデオは、TenXカードを使って仮想通貨ダッシュ(DASH)をユーロに変えて出金している様子です。

 

アメリカにいればドルを、ヨーロッパにいればユーロを、中国にいれば元を、TenXカードから出金してください。

 

この操作はもちろん国内のATMでも可能。TenXカードを使えば、ビットコインなどの仮想通貨をすぐに円にして出金できます。

 

TenXウォレットを使い、場所に縛られず、仮想通貨資産を自由に活用しましょう。

 

TenXカードのユーザー還元、0.1%PAYと0.5%イーサリアム報酬

TenXカードのユーザー還元

デビットカードの魅力の一つに、キャッシュバックなどのユーザー還元があります。

 

カードにもよりますが、キャッシュバックは平均して0.5%前後。

 

年間100万円分利用すれば5,000円が戻ってきますし、使えば使うほどオトクになるシステムです。

 

当然、TenXカードもカードユーザーに有利な報酬システムを持っています。

 

TenXカードユーザーへの報酬システムは大きく分けて、

 

  • 個人の取引額の0.1%を仮想通貨【PAY】で還元
  • 世界の全ユーザーの取引額の0.5%を、【PAY】保有数に応じてイーサリアム配布

 

の2つです。

 

個人の取引額の0.1%を仮想通貨【PAY】で還元

 

仮想通貨PAYで還元

あなたがTenXカードで仮想通貨決済した額の0.1%は、仮想通貨であるPAYで還元されます。

 

つまり、合計100万円分使えば1,000円、200万円使えば2,000円分の仮想通貨PAYが還ってきます。

 

PAYとは、TenX社が発行するイーサリアムベースのトークンであり、海外の最大手取引所のBittrexに上場している仮想通貨です。

 

あなたに支払われたPAYを、すぐに取引所で売り払い利益にすることも可能ですし、値上がりを期待して保有を続けるのも自由です。

 

世界の全ユーザー取引額の0.5%を、【PAY】保有数に応じてイーサリアムで配布

TenXのイーサリアム報酬

TenXカードがユーザーへ還元する手段の2つ目が、TenXカード総取引額の0.5%を使った報酬制度です。

 

TenXカードは世界中で利用されていますが、一つ一つの取引額の0.5%を、その都度ユーザーの保有PAY数に応じて報酬として配布します。

 

クレジットカードでも、取引額の多いゴールドカードやプラチナカードのユーザーの還元率が高くなります。

TenXカードも同様、取引額が多く、PAYトークンを多数所持しているユーザーに多く報酬が渡る仕組みです。

 

TenXカードを作ってビットコイン決済しよう!

サトシ・ナカモトという匿名の人物が『ビットコイン』という何やら怪しい論文を技術者のメーリングリストに投稿したのが2008年の出来事。

 

そこから産声をあげた仮想通貨は、強烈な批判、国家の規制など数ある苦難を乗り越えながらも世界中の人々に支持されつつ、発行主体の存在しないデジタル通貨として独自の成長を遂げてきました。

今や、国家や銀行などの巨大インフラも無視できない、新しい時代の通貨として認められつつあります。

 

あなたも、そんなビットコインなど仮想通貨の可能性に魅了され、購入を決断したはず。

 

2008年以来のビットコインの成長の歴史を描いた『デジタル・ゴールド』という本に、こんな言葉があります。

 

長い目で見れば、成功する通貨の重要な特徴は、誰が発行したかや、どれだけ携帯性や耐久性に優れているかではなく、それを進んで使おうとする人の数である。

『デジタル・ゴールド ー ビットコイン、その知られざる物語』日本経済新聞出版社 Kindle位置No.417

 

発明者が日本人名であることや、世界の取引高をみても、日本は世界一の仮想通貨大国です。

 

この日本で、一緒にTenXカードを使いつつ、私たちの通貨の価値を高めていきませんか。